小顔矯正で綺麗になる【担当医が適すると判断した治療方法を提案】

顔のサイズ

顔に触れる女性

サイズか視覚か

小顔矯正の施術を受ける際、治療方法には大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは文字通り顔を小さくするための治療で、顔を大きくしている原因によって治療方法は様々です。美容外科で行なっているものだと、原因が骨格であれば骨を削る外科手術、脂肪であれば脂肪吸引、エラであればボトックス注射などがあります。もうひとつは小顔に「見せる」治療方法で、実際に施術を行なっても顔のサイズは変わりません。大きく見せている視覚的な問題を、バランスを整えフェイスラインを変化させることで小さく見えるようにするという治療方法です。具体的には自分の身体にある余分な脂肪を吸引し、あごなどに注入する脂肪注入や、ヒアルロン酸注射などが挙げられます。あごに注射することでフェイスラインがシャープになり、細くなったように見えます。鼻が少し低くて小さく見えている人は脂肪やヒアルロン酸を注射して鼻筋を高くすることで、パーツがはっきりとして小顔になったように見えます。このように視覚トリックのような効果で他者からは顔が小さく見えるようにするというものです。実際、小顔になりたいと悩む人のうち実際に顔のサイズが飛びぬけて大きい人はあまりいません。鏡で見るのとほかの人の目から見るのとでは大きさのとらえ方も変わるため、フェイスラインのバランスを変えるだけでも小顔矯正としての効果は充分に得られます。顔の、もしくは顔の一部分のサイズを実際に小さくしたい人は最初に述べた治療、小さく見せたいだけという人は後者の治療方法が適しているといえます。小顔矯正の治療を美容外科で受ける際、まずどの病院を受診するかを決めます。小顔矯正にも方法が複数あり、どんな施術を受けたいかによって選択肢が変わります。骨格のせいで顔が大きいと悩んでいる人は骨を削るような手術を行なっている病院がいいですし、エラが張って困っている人はボトックス注射を取り扱っている病院を選ぶと良いでしょう。特に目当ての施術法もなく漠然と小顔矯正を希望しているのならば、幅広い治療方法を行なえる病院で受診してから決めるのも一つの手です。また、病院を決めるときは一か所だけに絞って調べるのではなく、複数ピックアップして比較してから選ぶのが良いです。病院が決まったら予約を入れます。美容外科のほとんどは予約制で、事前カウンセリング予約などが必要な病院もありますのでホームページか電話でチェックしましょう。受診日が決まったら、担当医とともに小顔矯正治療の計画を立てていきます。あらかじめ受けたい治療法が決まっている場合は、その方法で問題ないかどうかを担当医が見極めます。特に希望がない場合は担当医が適すると判断した治療方法を提案します。ここで重要なのは、自分が描いている理想像を具体的に担当医に伝えることです。担当医と患者の目標地点を共有しておかないと、治療後に不満を残しかねません。理想像を着地点とし、そこに行きつくまでのプロセスを担当医と決めていきます。治療計画が無事に決まり、注意事項などの説明を受けて問題がなければ、あとはその計画通りに治療を開始していく流れになります。

看護師

様々な方法で理想の小顔に

小顔矯正はサロンや整体の場合は一時的な効果ですが。美容医療では長く効果を維持できるのがメリットです。小顔矯正の治療は脂肪の除去や骨削り、リフトアップやボトックスなどがあり、それぞれの原因に合わせて選んでいきます。

下着姿の女性

美容整形を受ける際は

小顔矯正する時は、執刀医のスキルやレベルに加えてカウンセリングの内容をチェックしましょう。また使用している製剤の種類やアフターケアの有無も重要なポイントです。なおプチ整形から外科手術まであるので、リスクや費用を負担できる範囲で選びましょう。

男性医師

エラが張っている人の施術

頬の贅肉や二重あご、エラが張っているなどの悩みを持っている人は、すっきりとした小顔になりたい人が多く、美容外科のクリニックで小顔矯正の治療を受けたい人が増加しています。脂肪溶解注射やボトックスによる治療が受けられます。

Copyright© 2018 小顔矯正で綺麗になる【担当医が適すると判断した治療方法を提案】 All Rights Reserved.